【酵素ファスティング】ダイエット効果は?リバウンドしないで痩せるって本当?

こんにちは!ファッション、美容系のフリーライターをしているmore.kayoです。

道端ジェシカさんや蛯原友里さん、ベッキーさんなど、モデルや芸能人、一流アスリートに実践者が多い「酵素ファスティング」。

ダイエットや美肌、デトックス、免疫力アップなどさまざまな効果が期待できることで知られています。

では、多くの芸能人がライフスタイルに積極的に取り入れている「効果ファスティング」には、どのような魅力と効果があるのか解説いていきましょう。

話題の「酵素ファスティング」とは

ファスティング」とは「断食」という意味で、ダイエット目的で実践している方もいますが、何も食べないことでリバウンドや肌トラブルを招く可能性があるのです。

そこでファスティング期間中、食事の代わりに糖質やビタミン、ミネラルなど必要な栄養素が摂取できる酵素ドリンクと水を飲み、体の負担を軽減させながら毎日働いている内臓を休ませ、体内をデトックスさせる「酵素ファスティング」が人気を呼びました

ファスティングに酵素を摂り入れる理由とは?

体内には「代謝酵素」と「消化酵素」という2種類の酵素があります。

「酵素代謝」は新陳代謝や細胞の修復、免疫力アップに、「消化酵素」は消化・吸収率に関わる分子で、それらは美容や健康を維持させるために欠かせない存在です。

消化・吸収により消化酵素を使い続けると、代謝酵素の力不足につながり、新陳代謝が低下して太りやすい体質になるといわれています。
ほかにも、加齢やストレス、暴飲暴食などでも酵素は減少。

このようなことを防ぐためには、体外から酵素を補い、毎日働いている内臓を休ませることが大切なのです。

酵素の主な効果

・代謝が上がる
・便秘のサポート
・美肌・美髪ケア

酵素ファスティングの驚くべき効果

「酵素ファスティング」=「ダイエット」という印象が強いですが、ほかにもさまざまな対策や効果が期待できます。

脂肪燃焼によるダイエット効果

ファスティング中は食事からのエネルギーがないかわりに、動脈硬化の原因ともなる余計なコレステロールが消費・排出されます。
女性だけでなく、メタボリックシンドローム対策をしたい男性にもおすすめ。

また脂肪燃焼を促進させることで、脂肪に多く溜まる有害物質が排出できるのでデトックス効果が期待できます。

腸内環境を整える

ファスティングをすると大腸に溜まる老廃物や食べ物のカスが減っていくため、大腸がきれいになります。悪玉菌が増えることがなく、腸内環境が整うので、慢性的な便秘の方は、ぜひトライしてみると良いでしょう。

肌がきれいになる

腸内環境が整い、吸収・排出のサイクルが上手くいくようになると、血液の質が良くなるので肌もきれいになります

免疫力が上がる

内臓を休めことで、消化に使われていた酵素を代謝酵素に使われるようになることは、免疫力アップにつながるほか、血液中の白血球が活性してウイルス・細菌の感性を抑えてくれます。

第二の脳といわれている腸!腸内環境が良くなることで免疫に関わる細胞が正常に働き、アレルギーを抑制できる場合もあります。

肝機能を改善

肝臓はアルコールを分解するだけでなく、添加物や重金属などを解毒するとても大切な役割を果たします。

ファスティング中は解毒が必要な新しい物質が入ってこないため、溜まっている分だけの解毒が行われるので、肝臓への負担が軽減できるのです。ファスティング終了後は、今まで以上に解毒や排出がスムーズになるといわれています。

五感が研ぎ澄まされる

味覚を脳へ届ける神経の伝達がスムーズになったり、味覚を感じる部分の細胞が修復されます。素材本来の味を感じることができるので、ファスティングをきっかけに食の興味が変わったり、禁酒・禁煙、ヘルシー志向へと変わる方もいるそうです。

酵素ファスティングダイエットは本当に痩せるの?

前述したように「酵素ファスティング」は、消化活動を最低限に抑えることで内臓を休ませて、体内酵素による代謝活動をフルに活かせることができます。

食事を酵素ドリンクに置き換えるので、食事のカロリーが低くなり多少は体重が減りますが、「痩せやすい体づくり」を目的としたダイエット法なので、即効性を求めすぎるのはやめましょう。(とはいえ、1度の酵素ファスティングで1~3キロほど減量できる人はいます)

代謝が上がっていき、ファスティング終了後に徐々に効果が現れるので、代謝の働きを保つためにも、月に1回ペースで酵素ファスティングを行うと、より一層効果が感じられます

酵素がもたらす痩せるメカニズムとは?

でも酵素を摂取することでダイエット効果が現れるのはなぜなのか、その仕組みを詳しく解説します。

通常、酵素は優先的に消化に使われ、代謝に回される酵素数が不足しがちですが、体外から酵素を補うことで、消化に回す酵素の数を最低限に抑えて、代謝へと回すことができます。

代謝酵素が十分な量があるということは「基礎代謝アップ」「血行促進」「整腸作用」を見込むことができるのです。

基礎代謝アップ

加齢で代謝が落ちてしまうことは仕方がありませんが、代謝が落ちると「エネルギーの消費が衰える」「体が冷えてセルライトがつきやすくなる」を招くことがあります。

酵素を摂取して基礎代謝を上げるということですが、これまで以上に基礎代謝が上がるのではなく、それまで下がってきた基礎代謝を取り戻して、その間に蓄積した内臓脂肪なども燃やせる状態になるのです。

さらに代謝が上がることで、冷え性も改善されるので血の巡りが良くなります

血行促進

酵素には血液の粘土を下げる働きがあります。生活習慣でドロドロになった血液も、酵素を摂取するとサラサラの血液に改善することが可能です。血液は栄養を全身に運ぶと同時に、老廃物や毒素を受け取って体外へ排出する役割もあります。酵素によってサラサラな血液になれば、血の巡りも良い状態に保つことができるほか、栄養を無駄なく体内で使うことができます。

排出されずにいた老廃物・毒素をデトックスすることにより、実質的に減量できるというわけです。

腸整作用

現在人の女性に多い便秘ですが、それは酵素不足が原因の一つといわれています。

便は老廃物の塊で、長い時間腸に溜めていると、その毒素も血液中に取り込まれてしまい、せっかくの栄養がしっかりと吸収できなくなります。

栄養が吸収しにくくなると、吸収されなかった分の栄養を求めて食欲が増したり、吸収されなかった栄養が脂肪について太りやすくなります。酵素を摂取することで、整腸作用が働き、腸内環境をきれいに保つことができるのです。

酵素ファスティングのやり方

実際にファスティングをする前に「準備期間」と、ファスティング終了後の「復食期間」を設けなければなりません。酵素ファスティングをする際は、事前にスケジュールを決めて実行する必要があります。

リバウンドしないための秘訣!

酵素ファスティングをしてリバウンドしてしまう方は少なくありません。その原因は「復食期」の食生活に問題がある場合があります。ファスティングは体重の減りが急な分、元の食生活に戻してしまうとリバウンドの反動が大きくなってしまいます。

通常は3~7日間ほどかけて体を回復させるといわれて、その期間はきれいになった腸内環境をキープできるように、消化が良いお粥や蕎麦、雑炊などを少しずつ食べるのが理想的。

復食期に選びたい食材

食材を選ぶ基準はビタミン、ミネラル、植物繊維が多い食材「ま・ご・は・や・さ・し・い・わ」を意識して選ぶことをおすすめします。

・ま:豆類(豆腐、納豆)
・ご:ごま(ナッツ、発芽させた種)
・は:発行食品(味噌、梅干し)
・や:野菜
・さ・魚
・し:しいたけ(きのこ類)
・い:芋(穀物、蕎麦)
・わ:わかめ(もずく、海藻)

復食期間に食べてはいけない食材

ファスティング後は、血液と腸がきれいになっているので、血液の状態を悪くする下記の食材、飲み物は避けましょう

・添加物
・グルテン(小麦)
・乳たんぱく
・カフェイン
・お酒
・脂っこいもの
・精製糖

酵素ファスティングを成功させるための4つの注意点

①生理期間中はNG

生理中は体調が悪くなったり、免疫力が下がる時期なのでファスティングは避けましょう。生理前の2週間はプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、代謝の低下やむくみ、食欲が増加する方もいるので、あまり向いていない時期。

生理後1週間はエストロゲンという卵胞ホルモンが分泌され、肌や精神の調子が安定しているほか、代謝が上昇しやすい最適な時期です。

➁タバコやお酒は我慢!

当然ですが、基本は酵素ドリンクのみを口にするのでお酒はNG!ただでさえ、ファスティング期間は解毒などのため肝臓に負担がかかっています。ファスティング期間中はもちろん、準備期・復食期もできれば1週間ほどお酒は飲まないのが理想的。

ほか、血液をきれいにする効果も期待できるため、ファスティング期間中のタバコはできる限り避けましょう。味覚が鋭くなり禁酒・禁煙の成功に繫がったという例があるそう。お酒好き、愛煙家の方からしたらとても辛い時期ですが、そこをグッと堪えてみてください。

③運動の種類を選ぶこと

ファスティング期間中は糖質が少なくなり、パワーがあまり出ないため筋トレや激しい運動はやめましょう。ですが、ウォーキングやストレッチ、ヨガなど、有酸素運動や軽めの運動は、ファスティングによる脂肪燃焼を促進させてくれるので効果的!体調が優れていないときはすぐに中止して、ゆっくり休みをとってください。