早めに対策!眼精疲労に効く5つの対処法まとめ

眼睛疲労の対策と原因

最近はパソコンを使ったデスクワークや、スマホなどで眼精疲労に苦しむ人が多いです。
疲れ目と眼精疲労は違います。疲れ目は一晩寝ると回復しますが、眼精疲労になると
休息を取っただけでは治らず、対策を講じなければなりません。

今後ますますパソコンやスマホを使うことが多くなる現代で、大切な眼を守る為にも、
眼精疲労対策をご紹介します。

眼精疲労の原因は?

・パソコン画面を一点集中的に見る事で、緊張状態が続き、疲労する
・眼の血行が悪くなることで、酸素が眼に供給されない
・パソコンなどに集中することで、瞬きの回数が減り、眼が乾燥する

などの原因が主です。思い当たる節ありませんか?

眼精疲労に効果あり!5つの対処法!

夜寝る前に「蒸しタオル」で血行促進

昼間頑張ってくれた眼を休める為に、寝る前に蒸しタオルで眼の周辺を温めましょう。
眼を温めると、眼の血行がよくなり、スッキリしますよ!

充血には冷やしタオル

充血は眼が炎症を起こしている状態です。氷水で冷やしたタオルで眼の回りを冷やして、炎症を抑えましょう。
氷水を作るのが面倒だというひとは、水で濡らして絞ったタオルを冷蔵庫で冷やしておくのも便利ですよ。

ひどい疲れ目&充血には、冷やしタオルと蒸しタオルを交互で対策

眼が疲れて奥がず〜んと重い。しかも眼が赤く充血している。そんなときは、蒸しタオルと冷やしタオルを
交互にあてるのが効果的です。

パソコン(PC)の環境を整えよう

・モニターの輝度を下げよう。輝度が高いと眼が疲れやすい傾向があります。
※暗すぎると逆効果なので、注意が必要です

・モニターの背景色を黒にする。白色のように明るいと光の量が多く眼が疲れやすくなります。

・モニターの高さは画面より低くすることで乾きを防ぎましょう。目線より高い場合はまぶたが全開に開いている状態なので、
眼が乾きやすいです。一方で、目線より低くすると、まぶたの開く量を少なくできるので乾きにくくなります。

1時間に3分は眼を休ませよう

これ一番大事かもしれません。眼から入ってくる情報は多すぎます。休憩なしで眼を使っていると、疲労が積み重なり、眼精疲労が悪化します。
なので、1時間仕事をすると席を立ち、トイレや顔を洗うなどして、眼を休ませましょう。「席を離れる」というのがポイントです。
スマホも見ないようにします。眼を一点集中させることが良くないので、席から離れることでリフレッシュしましょう。

▼合わせて読みたい!

疲れ目とは違う!本当は怖い「眼精疲労」の症状と原因は?

眼睛疲労の対策と原因
最新情報をチェックしよう!