ダイエット効果が凄い!「岩盤ヨガ」とは?ホットヨガとの違いは?

ダイエットでヨガや岩盤浴を取り入れている方は多いと思いますが、岩盤ヨガをご存知ですか?ご想像のとおり、岩盤浴とヨガが合体したものですが、これが「ダイエットに向いている!」と最近話題になっています♪

岩盤浴は遠赤外線の温浴効果から、それだけで美肌や美髪に効果があります。また、寝ているだけで身体の芯から温まり、ストレスやカチコチに強張った身体がほぐされるので、お手軽な美容法として女性からの人気は今なお続いています!

でも、それだけではもったいない!!温まった身体、さらさらの汗、新陳代謝が良くなっている状態に、ヨガを加えるだけで、あっという間に痩せやすい身体に変わっていきます。

ヨガをやっている方は通常より筋肉が伸びやすく、ちょっと難しいかな?というポーズもスムーズに行えるようになるので、効率的に理想の身体に近づけることができます。

今、もっともダイエット効果が期待できるおすすめの「岩盤ヨガ」をご紹介します。

「ダイエットに効果的?」話題の岩盤ヨガとは?

まず岩盤浴は、天然鉱石から発生するマイナスイオンと遠赤外線の温熱効果を用いて、身体の芯から温める温浴方法です。短時間で新陳代謝が良くなり、大量の汗をかくことで血液が身体のすみずみまで酸素を届け身体の酸欠状態を防いでくれます。

そして、ヨガはしなやかな筋肉をつくり、身体の老廃物や疲労物質を取り除いてくれます!

そんなふたつを掛け合わせた「岩盤浴×ヨガ」を行うことで、身体の最深部までアプローチが行きわたり、内臓も活発になるので大量の汗をかき高いデトックス効果が得られるようになります。また、柔軟性が増しているのでインナーマッスルも鍛えやすく、細胞の活性化による相乗効果が期待できます。

室内の温度は通常より低め(35度前後)に設定されますが、それでも遠赤外線の温熱は均一に広がるので室内は熱く感じることも。ヨガを始めてから短時間で大量の汗をかくので水分は必須です。

ヨガメニューはインストラクター指導のもと、座った基本のポーズから立ちポーズ、最後のリラックスポーズ(シャバアーサナ)まで一通り行います。途中、水分補給や休憩をとるのが一般的です。難しいポーズも無理をする必要はありませんし、万が一体調が悪くなったらインストラクターへ伝えましょう。

特に問題がなければ、さらさらとした汗は保湿効果があるので、シャワーで流さずそのまま帰宅して美肌を保ちましょう!

岩盤ヨガの効果は?ダイエット効果が凄い?

遠赤外線による汗は汗腺と皮脂腺から大量に汗をかきます。皮脂腺は脂肪も排出してくれる唯一の器官なのでダイエットに効果的であることはもちろん、皮脂と一緒に疲労物質も排出されアンチエイジングにも期待できます。

また、身体の内側から温まることで自然と免疫力があがり、風邪をひきにくくなります。健康的にダイエットができるのが岩盤ヨガの特徴です。

岩盤ヨガのポイント、実践方法は?

岩盤ヨガで行うメニューは休憩を取り入れながら行いますが、生理前、生理中は避けた方が良いでしょう。生理に向けて準備している身体に、大量の汗をかいてしまうとその分栄養素を蓄積しようとします。つまり太りやすくなるのです。本来、生理前や生理中は身体を守る作用が働き太りやすい時期なので、無理をせず骨盤調整ヨガや簡単なストレッチ程度にしておきましょう。

また、岩盤ヨガを始める前には多めに水分をとりましょう。ヨガ中も必要になればこまめに水分をとり、脱水症状にならないよう気を付けましょう

岩盤ヨガとホットヨガの違いとは?

どちらも暑い室内で行いますが、温め方により汗の質、効果に違いがあります

ホットヨガは外側から加湿器などにより温度を上げるので、身体の温まり方は外からゆっくりと、それも部分的に差があります。最終的には大量の汗をかくのですが、汗腺から出る汗なのでべたべたとした感じで、すぐにシャワーを浴びたくなってしまうかも。

外側からの熱と身体を動かすという同時の作用で汗をかいているので、運動をした後のようなイメージです。

岩盤ヨガは、天然鉱石から発せられる遠赤外線とマイナスイオンにより温度を上げるので、身体の内側にダイレクトに働きかけ、全身の奥深くから温まっていき、ホットヨガの何倍ものアプローチが可能です。また酸素が身体中にめぐるため身体と皮脂の酸化を防ぎ、界面活性作用により水分粒子が細かくなり汗がさらさらになります。この汗は美肌効果と髪もさらさらにしてくれるというい嬉しいおまけがあり、運動というよりは、エステに行った後のような感覚になります。