ストレス・病気解消

ストレス解消に期待!セロトニンの効果とは?

ストレス解消効果の高いセロトニン

<この記事で理解したいこと!>
・ストレスやそこから派生する心の病と、セロトニンが深く関わっている
・生命活動にセロトニンは欠かせない

ストレスをコントロールするキモとして、セロトニンが注目されています。そのセロトニンの効果について詳しく解説されている、「脳からストレスを消す技術」という本を読みました。その効果と内容をご紹介します。

セロトニンを分泌する「セロトニン神経」は、脳幹の縫線核から脳全体に張り巡らせてるそうです。そして、人は起きている間、このセロトニン神経からセロトニンが一定量ずっと放出され続け、脳内のセロトニン濃度が一定に保たれてます。

「寝起きがいい」という状態は、セロトニン神経が活発に機能している!

セロトニンが一定量で続けている間、脳は覚醒します。そして、私たちは目覚めとともに、脳がセロトニン神経の働きによって、覚醒状態に移行し、それがうまく作用すると「爽快な目覚め」と感じます。

このように「爽快な目覚める」為だけでなく、脳を正常に覚醒させるためにも、普段からセロトニン神経を鍛える必要があるのです。

心身の健康状態に関わるセロトニン「5つの働き」

本書によると、セロトニンには5つの大事な働きがあるといいます。

1)クールな覚醒
2)平常心の維持
3)交感神経の適度な興奮
4)痛みの軽減
5)よい姿勢の維持

このようにセロトニンの働きは、私たちの体や心に大事な影響を与えます。セロトニン神経を鍛え活性化することにより、頭がクリアになり、エネルギッシュになり、心の安定、ストレスや痛みに強く、姿勢や表情も引き締まるそうです。

 セロトニン不足がうつ病など、心の病を引き起こす

うつ病と脳内のセロトニン濃度の低下が関係していることは、医学的にも明らかだそうです。(注意:すべてのうつ病がセロトニン不足ではない。)

うつ病など、精神的な病気を改善する時にも、セロトニン神経を鍛え活性化し、セロトニン放出量を高めることが大事なのです。

 

以上、いかがでしたか。ストレスやそれが原因の心の病とセロトニンは深く関係していることがわかりました。では、セロトニン神経を鍛える方法についてご紹介します!

▼続いてセロトニン神経の鍛え方はこちら

ストレス解消に効果を発揮!セロトニン神経の鍛え方

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ayu

Ayu

都内でOLしてます( ˘͈ ᵕ ˘͈ )ストレスと運動不足解消のためにヨガを初めて、今はホットヨガに週4で通ってます。休みの日は1日2回行くことも。ヨガとK-POPと美容が好きです。٩꒰。•◡•。꒱۶

-ストレス・病気解消

© 2020 YOGAISMマガジン(ヨガイズム)